丸の内一丁目 しち十二候
 
店舗情報・ご予約会席メニューメニュー特別メニューブログトップ
 

  しち十二候トップ > 丸の内一丁目店 > ブログ
ブログ
雨水 初候(第四候)「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」 Ground Becomes Moist.
2018年02月19日(月)PM 12時00分
Written by:

雨水(2月19日から3月5日)は二十四節気の第二番目です。
「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」 暦便覧より。
雪やあられが雨に変わり、積もった雪も解け始め、土は湿り気をおび、農家では農耕の準備を始める季節です。

第四候「土脉、潤い起こる」

2月19日から2月23日までは雨水の初候にあたりまして
雨が降り、土中に湿り気を含みはじめる時季でございます。


カテゴリー:

 
立春 末候(第三候)「魚上氷(うおこおりをのぼる)」 A Fish Jumps Up On The Ice.
2018年02月14日(水)PM 12時00分
Written by:

立春(2月4日から2月18日)は二十四節気の第一番目です。
「春の気立つを以って也」 暦便覧より。
春の初めでございます。暖かい地方では梅が咲き始める季節です。

第三候「魚、氷を上がる」

2月14日から2月18日までは立春の末候にあたりまして
気温が少しずつ上昇し、割れた氷の間から魚が飛び出る時期でございます。


カテゴリー:

 
立春 次候(第二候)「黄鴬見睨(うぐいすなく)」 A Bush Warbler Sings.
2018年02月11日(日)AM 11時56分
Written by:

立春(2月4日から2月18日)は二十四節気の第一番目です。
「春の気立つを以って也」 暦便覧より。
春の初めでございます。暖かい地方では梅が咲き始める季節です。

第二候「うぐいす、鳴く」

2月9日から2月13日までは立春の次候にあたりまして
ウグイスが山里で鳴きはじめる時期でございます。


カテゴリー:

 
立春 初候(第一候)「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」 A Spring Breeze Melts The Ice.
2018年02月04日(日)AM 11時58分
Written by:

立春(2月4日から2月18日)は二十四節気の第一番目です。
「春の気立つを以って也」 暦便覧より。

春の初めであり、暦の上では一年の初めでございます。
暖かい地方では梅が咲き始める季節です。

七十二候の暦も第一候からの新しいスタートです。

第一候「東風、氷をとく」

2月4日から2月8日までは立春の初候にあたりまして
東から春風が吹き始め、厚い氷を少しずつ溶かしはじめる時期でございます。

『立春』は「彼岸」「八十八夜」「入梅」「土用」「二百十日」などといった
雑節の起算日となっています。

この一年も丸の内一丁目「しち十二候」を宜しくお願い致します。


カテゴリー:

 
大寒 末候(第七十二候)「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」 Hens Begin To Lay Eggs.
2018年01月30日(火)PM 12時00分
Written by:

大寒(1月20日から2月3日)は二十四節気の第二十四番目です。
「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」 暦便覧より。
一年で最も寒い季節でございます。

第七十二候「鶏、はじめてとやにつく」

1月30日から2月3日までは大寒の末候にあたりまして
鶏が卵を産み始める時期でございます。

大寒の次は立春です。
七十二候も第一候からの新しい始まりでございます。


カテゴリー:

 
大寒 次候(第七十一候)「水沢腹堅(きわみずこおりつめる)」 Swamps Are Covered With Thick And Hard Ice.
2018年01月25日(木)PM 12時00分
Written by:

大寒(1月20日から2月3日)は二十四節気の第二十四番目です。
「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」 暦便覧より。
一年で最も寒い季節でございます。

第七十一候「きわみずこおりつめる」

1月25日から1月29日までは大寒の次候にあたりまして
沢に氷が厚く張りつめる厳寒の時期でございます。


カテゴリー:

 
大寒 初候(第七十候)「欸冬華(ふきのはなさく)」 Butterbur Sprouts Flowers.
2018年01月20日(土)PM 11時41分
Written by:

大寒(1月20日から2月3日)は二十四節気の第二十四番目です。
「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」 暦便覧より。
一年で最も寒い季節でございます。

第七十候「蕗の薹、華さく」

1月20日から1月24日までは大寒の初候にあたりまして
蕗の薹が雪の下から顔を出す時期でございます。

お風邪など召されないよう、
皆様お気をつけてお過ごしくださいませ。


カテゴリー:

 
小寒 末候(第六十九候)「雉始鳴(きじはじめてなく)」 Pheasants Begin To Cry.
2018年01月15日(月)AM 08時36分
Written by:

小寒(1月5日から1月19日)は二十四節気の第二十三番目です。
「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」 暦便覧より。
寒さが最も厳しくなりはじめる季節です。
この後には大寒が続きます。

第六十九候「雉始めて鳴く」

1月15日から1月19日までは小寒の末候にあたりまして
日本の国鳥、雉が鳴き始める時期でございます。


カテゴリー:

 
小寒 次候(第六十八候)「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」 Melt Water Drips From A Frozen Waterfall.
2018年01月12日(金)AM 09時26分
Written by:

小寒(1月5日から1月19日)は二十四節気の第二十三番目です。
「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」 暦便覧より。
寒さが最も厳しくなりはじめる季節です。
この後には大寒が続きます。

第六十八候「しみずあたたかをふくむ」

1月10日から1月14日までは小寒の次候にあたりまして
地中で凍っていた泉が動き始める時期でございます。
厳しい寒さの中でも少しずつ春の気配が感じられるようになってまいります。


カテゴリー:

 
小寒 初候(第六十七候)「芹乃栄(せりすなわちさかう)」 Dropwart Grows Vigorously.
2018年01月06日(土)AM 11時22分
Written by:

小寒(1月5日から1月19日)は二十四節気の第二十三番目です。
「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」 暦便覧より。
寒さが最も厳しくなりはじめる季節です。
この後には大寒が続きます。

第六十七候「芹乃ち栄う」

1月5日から1月9日までは小寒の初候にあたりまして
春の七草のひとつ、芹が成長する時期でございます。


カテゴリー:

 

 
ごあいさつ 「しち十二候」について 店舗情報・ご予約 会席メニュー 鉄板焼メニュー 特別メニュー リンク ブログ リクルート ENGLISH トップ

東京都千代田区丸の内一丁目9?1東京ステーションホテル B1F
Copyright (C) 2011-2014 Shichi Jyu Ni Kou All rights reserved.