丸の内一丁目 しち十二候
 
店舗情報・ご予約会席メニューメニュー特別メニューブログトップ
 

  しち十二候トップ > 丸の内一丁目店 > ブログ
ブログ
処暑 次候(第四十一候)「天地始粛(天地、はじめて寒し)」 Heaven And Earth Begins To Chill.
2019年08月28日(水)PM 03時08分
Written by:

処暑(8月23日から9月7日)は二十四節気の第十四番目です。
「陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也」 暦便覧より。
暑さが峠を越えまして、後退しはじめる季節です。

第四十一候「天地、はじめて寒し」

8月28日から9月2日までは処暑の次候にあたりまして
ようやく暑さが鎮まりはじめる時期でございます。


カテゴリー:

 
処暑 初候(第四十候)「綿柎開(綿のはなしべ開く)」 Cotton Flowers Bloom.
2019年08月24日(土)PM 04時05分
Written by:

処暑(8月23日から9月7日)は二十四節気の第十四番目です。
暑さが峠を越えまして、後退し始める時期です。

第四十候「綿のはなしべ開く」
8月23日から27日までは、処暑の初候にあたりまして
綿の花が咲く時期でございます。


カテゴリー:

 
『月の井 菊見酒特別会席プラン』のご案内
2019年08月20日(火)PM 07時09分
Written by:

■9月1日〜14日まで『月の井 菊見酒特別会席プラン』(*5日を除く)をご提供いたします。

金額:15,000円(お徴、日本酒飲み比べ/税・サ別)
*月の井酒造のお酒各種をご用意します。(有料)

実施期間:
2019年9月1日(日)~9月14日(土)

ランチ  11:00~14:30L.O.(土日祝 14:00L.O.)
ディナー 17:00~21:30L.O.

特別会席プラン献立:

< 先付>  菱カニ 鮑 菊花浸し

< お椀>  鱧 松茸 三度豆 柚子

< お造り>  鯛 鮪 あしらい色々

< 名物凌ぎ> 戻り鰹藁焼き 手巻き寿司 香味野菜

< 焼き物>  甘鯛丹波焼き 才巻海老 粉唐墨

< 炊き合せ> 鰊 茄子 伏見唐辛子 九条葱 柚子

< 進肴>  黒毛和牛サーロイン味噌焼き

 木の葉林檎 新銀杏 丸十 伏見唐辛子

< 食事>  栗ご飯 香の物 留め椀

< 甘味>  3 種より

※食材の入荷状況によりメニュー内容が変わる場合がございます。


カテゴリー: お店からのお知らせ

 
立秋 末候(第三十九候)「蒙霧升降(ふかききりまとう)」 Thick Fog Begins To Form.
2019年08月20日(火)PM 01時44分
Written by:

立秋(8月8日から8月22日)は二十四節気の第十三番目です。
「初めて秋の気立つがゆゑなれば也」 暦便覧より。
秋の気配が現れてくる頃とされ
明日からの暑さは残暑と呼びます。

第三十九候「深い霧がたち始める」

8月18日から8月22日までは立秋の末候にあたりまして
濃い霧がたちはじめる時期でございます。


カテゴリー:

 
9/5開催「月の井 菊見酒の会」のご案内
2019年08月13日(火)PM 08時27分
Written by:

古の昔、「重陽の節句」には菊のお酒をいただき邪気を払い、長寿を祝う風習がありました。
これに因み、9月5日(木)に当店の総括料理長・齋藤章雄とともに
月の井酒造の八代目蔵元 坂本直彦氏をゲストに迎え、
『月の井 菊見酒の会』を行います。
秋の味覚と日本酒コラボレーションをお楽しみください。

『月の井 菊見酒の会』 9月5日(木)【限定40席】
会費15,000円(お徴、日本酒飲み比べ/税・サ込)
受付開始:午後6時/開演:午後6時30分
*当日は有機無農薬 和の月等のお酒各種ご用意します。(有料)

献立
先付  鯖酢締め ポン酢餡 水菜 舞茸 梨 松の実 葱 紅葉おろし
お椀  鱧 秋茄子 三度豆 茗荷 柚子
お造り 鯛 鮪 あしらい色々
名物凌ぎ 戻り鰹藁焼き 手巻き寿司 香味野菜
焼物  甘鯛丹波焼き 新銀杏 粉唐墨
揚物  松茸と鴨のフライ 自家製ソース 辛子 巨峰
炊き合せ  菊蕪 子持ち鮎煮浸し 菊花 針柚子 銀餡
進肴 黒毛和牛サーロイン味噌焼 木の葉林檎 新銀杏 丸十 伏見唐辛子
お食事 栗ご飯 香の物 留め椀
本日の甘味  月の井酒造和の月仕立て 無花果コンポート クリーム餡
*食材の都合により内容が変わることがあります。


カテゴリー: お店からのお知らせ

 
立秋 次候(第三十八候)「寒蟬鳴(ひぐらし、なく)」 Evening Cicadas Begin To Sing.
2019年08月13日(火)PM 01時38分
Written by:

立秋(8月8日から8月22日)は二十四節気の第十三番目です。
「初めて秋の気立つがゆゑなれば也」 暦便覧より。
秋の気配が現れてくる頃とされ、明日からの暑さは残暑と呼びます。

第三十八候「寒蟬、鳴く」

8月13日から8月17日までは立秋の次候にあたりまして
寒蟬(ヒグラシ)が鳴きはじめる時季でございます。


カテゴリー:

 
立秋 初候(第三十七候)「涼風至(すずかぜいたる)」 A Cool Breeze Begins To Blow.
2019年08月08日(木)AM 09時45分
Written by:

立秋(8月8日から8月22日)は二十四節気の第十三番目です。
「初めて秋の気立つがゆゑなれば也」 暦便覧より。
秋の気配が現れてくる頃とされ
本日以降の暑さは残暑と呼びます。

第三十七候「涼風、至る」

8月8日から8月12日までは立秋の初候にあたりまして
厳しい暑さの中にも、涼しい風がそっと吹きはじめる時期でございます。


カテゴリー:

 
大暑 末候(第三十六候)「大雨時行(たいうときどきおこなう)」 Heavy Rains Fall Occasionally.
2019年08月03日(土)PM 03時49分
Written by:

大暑(7月23日から8月7日)は二十四節気の第十二番目です。

「暑気いたりつまりたるゆえんなればなり」 暦便覧より。
快晴が続き、気温が上がり続ける季節でございます。

第三十六候「大雨時々降る」

8月2日から8月7日までは大暑の末候にあたりまして
時として大雨が降る時期でございます。

毎日暑い日が続きます。キリッと冷えたお酒と日本料理で一息いかがでしょうか。


カテゴリー: 季節の設え

 

 
ごあいさつ 「しち十二候」について 店舗情報・ご予約 会席メニュー 鉄板焼メニュー 特別メニュー リンク ブログ リクルート ENGLISH トップ

東京都千代田区丸の内一丁目9?1東京ステーションホテル B1F
Copyright (C) 2011-2014 Shichi Jyu Ni Kou All rights reserved.